全国研修会


子どもの発達支援を考えるSTの会 主催

2022年度 子どもの発達支援を考えるSTの会

全国研修会(オンライン・オンデマンド)


この研修会は会員限定の企画です。

(最終更新日 2022年12月1日)


<ご案内>

今年は、学び方の違いがある子どもの未来を考える
「Learning Disabilty」から「Learning Differences」そして
「Learning Diversity(学びの多様性)」をテーマにして上野一彦先生(東京学芸大学名誉教授、旭出学園理事長)に講演をお願いしました。中川代表とのお話もございます。

 リアルタイムでは上記講演の他に、全国各地から報告として3名の言語聴覚士の先生からお話をしていただき分科会をしながら交流を深めたいと思っていますので皆さんご参加についてどうぞよろしくお願いします。

○開催日  2022年11月27日(日) 13:30〜17:00 ※終了しました。

○内 容1 
活動報告
13:30〜
話題提供者1: 久保田 空 氏
「こどもSTは「喜ばせ設計」で成果が爆あがり〜事業・活動紹介とともに〜」
鹿児島県在住。株式会社スカイメディケアラボ(代表取締役)、一般社団法人オンラインケア(理事)、特定非営利活動法人ブライトライフ鹿児島支部言語聴覚士。
「ことばの教室そらまめキッズ」の名称で鹿児島県内に5事業所(児童発達支援・放課後等デイサービス・保育所等訪問支援)を運営。

話題提供者2: 相本 ゆかり 氏
「欲張りな私のワークライフバランス」
福岡県在住。株式会社Marble(代表取締役)、ことばと発達のサポートルーム マーブル(管理者)、Warm Blue IIZUKA実行委員長。
令和3年に福岡県男女共同参画表彰の「女性の先駆的活動部門」を受賞。
言語聴覚士、自閉症スペクトラム支援士。

話題提供者3: 松田 輝美 氏
「ひろーい岩手のひろーい隙間のフリーランスST」
岩手県在住。一般社団法人アクティビティいわてアクティブキッズ。
著書に学校でできる言語・コミュニケーション発達支援入門(学苑社、2022)などがある。言語聴覚士、子どもの発達支援を考えるSTの会副代表。

○内 容2
分科会
14:00〜
当日は、話題提供者の久保田氏、相本氏、松田氏にご担当いただくお部屋を3部屋設ける予定で計画しています。
各部屋を参加者の皆さんが自由に入退出できるようにし、多くの学びを共有しあえるような分科会にしたいと考えています。

○講演会
15:00〜
タイトル:学び方の違いがある子どもの未来を考える
「Learning Disabilty」から「Learning Differences」そして「Learning Diversity(学びの多様性)」
講師: 上野 一彦 氏 東京学芸大学名誉教授、旭出学園理事長

申し込み期間 10月1日〜11月23日 23:59まで
今年度は早期に申込みが殺到し、すでにリアルタイムでの参加は定員に達しました。現在、講演会のオンデマンド配信のみ申込みを受け付けております。
どうぞご了承ください。

申込み方法はグループウェアの「トピック」欄に掲載しております。
※  現在会員でない方で参加を希望される場合、入会のお申込みは11月13日までにされないと参加できません。できるだけお早めに入会申込みをお願いします。






 子どもの発達支援を考えるSTの会
 〒292-0825 千葉県木更津市畑沢2-36-3
  TEL&FAX 0438-30-2488 E-MAIL <office@kodomost.jp>
 
Copyright(C) 2019 子どもの発達支援を考えるSTの会 .All rights reserved.