2019年11月23日(土)〜24日(日)開催(申込受付中)
申込は上記バナーをクリック









今月のコラム


私の職場は、児童発達支援・放課後等デイサービスです。
このコラムの原稿を書いているのは、夏休み真っ最中で、毎日朝から子どもたちが元気にやってきています。

今の職場でSTとして働くことは、
ことばを、実生活のコミュニケーションの中で使いこなしていけるよう支援するために、
未就学時期から高校卒業まで長く係われるという点と、
生活の場で係われるという点で、
とってもいい環境だなぁ、と思っています。

現在、学齢以降のお子さんには、個別にSTの時間は設定せず、放課後デイでみんなと同じスケジュールで生活する中で、必要に応じて係わっています。
個別に比べ、じっくりゆったり係わる時間や場所を確保するのが難しいですが、学校の宿題をしたり、食事をするなどの実際の生活場面に一緒にいることで、普段どんな風に行動したり、周囲とコミュニケーションを取っているのか、学校やおうちに近い場面の様子を見ることができます。
特に夏休みなどは、デイで過ごす時間が朝から夕方まで1日と長いので、
子ども同士で喧嘩をするなど、毎日何かしら事件が起きてます(笑)

そして、実際、働いてみて感じているのは、
職場のスタッフとの協同のおかげで、実現していることがたくさんあるなぁ、ということです。
同じ場を共有する中で、
私の思いや考えを理解して、同じように子どもたちに接してくれるスタッフ、
私が大人げなく正論を押し通して子どもと全面対決している時に、絶妙のタイミングで子どもの話を聞いて双方が納得いく落とし所を見つけてくれるスタッフ。
現場で起こる「事件」に日々直面し、スタッフみんなで対応していると、一人で個室で「クンレン」していたのではなし得ないことが実現できたりするので、みんなとのチームワークに毎日感謝しています。

まだまだひよっこ、と思って仕事をしているうちに、あっという間にもうすぐ20年になろうとしていますが、
また明日も頑張ろう、と思えるのは、
私たち大人を困らせたりもしつつ、
時に予想もしない面白い反応を返してくれる子どもたちとの係わりはもちろんですが、
気持ちを一つにして一緒に働けるスタッフや、
私の思いや考えをご理解くださる保護者の方々など、
人との気持ちのつながりのおかげだなぁ、と、改めて思っています。

2019年9月 子どもSTの会 運営委員





 子どもの発達支援を考えるSTの会
 〒292-0825 千葉県木更津市畑沢2-36-3 TEL&FAX 0438-30-2488
     since 2019.2.1

Copyright(C) 2019 子どもの発達支援を考えるSTの会 .All rights reserved.